ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
Historical Ting , Trabzon
Aya Sofia Monastery
Sumera Monastery
トラブゾン、ビザ待ちやら制作やら歯の治療やらの合間に行って来ました。「来たなら行っとけ」スポット、スメラ修道院とアヤソフィア博物館。
行って納得、みんな手放しでお薦めしていた、という訳ではなかった。

この時期トラブゾンはそうでもないけれど、スメラ修道院のある所はかなり寒い。
Sumera
In tha Forest
少し山を登るし、黒海沿岸から少しでも内陸へ行くからか。

行った日、トラブゾンの調子を見ていけるかと思ったけれど、着くころには虚しくなるくらいの大雪に。
Sumera
Road 2 Sumera Monastery
ちょい降り過ぎではあったものの、いい感じに雪化粧した山を見ることができたのでいいのですが。

麓から雪路をたどたどしく登ること30分(普通は15分くらいだそうです)。
Sumera
Sumera Monastery
上のほうにスメラ修道院が木々の間から見えてくる。この時点で疲労が飛ぶ。
またその姿は、期待を煽るような威容。
Sumera
Sumera Monastery

内部は外見とは異なり、少し迷路めいた造り。岩に自然に出来た溝や窪みなどを利用して、増改築を繰り返した、その道筋が見えるようで面白い。
Sumera
Sumera Monastery
小ぢんまりとしてはいるものの、その雰囲気や壁画など、トータルで見ていてボリュームがあって良い空間でした。
Sumera
Sumera Monastery
ここもナカナカの想像・妄想スポットや思います。

けどやっぱり建てられている環境とその佇まいに、一番の畏敬の念を感じます。
Sumera
Sumera Monastery
この修道院の起源となる4世紀ごろ、ここに腰を据えようと考えた時に、何かが見えてたんでしょうね。そう思わせる環境でした。
Sumera
Window
もしかしたら3割くらいは雪と霧のせい。


もう一つの「行っとけ」スポットはアヤソフィア。
Ayasofia
Aya Sophia Museum
もともとは教会だったものをムスリムの時代に入ってからはモスクに改装し、現在は博物館として開放しているという建築物。

教会をモスクにしたようなものは街中でも何個か見かけたけど、ムスリム的に有りだったのでしょうかね。

博物館?な内容でしたが、ここも壁画が綺麗。
Ayasofia
Aya Sophia , Trabzon
グルジア正教会やスメラの後ということもあり、ついつい流し気味になってしまったけれど。
けど壁画は教会のつくりや雰囲気ありき(教会の作りは様々ある)。ここはここにしかない、という印象はやっぱり感じる。細かいところですけど。モチーフとか。
Ayasofia
Aya Sophia , Trabzon


で、ここはロケーションが最高によかった。
Ayasofia
Aya Sophia , Trabzon
海の手前、黒海やトラブゾン近辺が見渡せる。昔はこのすぐ下が海だったのかな、気持ちのいい高台でした。
From Aya Sophia
Aya Sophia , Trabzon

モダーモダーと騒いでいたトラブゾンですが、市街の城壁然り歴史は確かな形として残っていて。
どんな都会にもそんな物達の積み重ねで、今の姿があることをこれまた改めて実感。
いろんな宗教や民族、文化のものが入り乱れる世界はやっぱり面白いです。
Ayasofia
Aya Sophia , Trabzon
| stroll1 | 15.Turkey | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
Busy Busy Trabzon
Trabzon
View from Guest House
次なる国のビザ取りのために訪れた、黒海沿岸に広がる港町・トラブゾン。トルコの中でも2,3を争う大都市のよう。
Trabzon
View from Guest House
1番はもちろんイスタンブールか。
それでも今までの街になかったような忙しさを目の当たりにすることとなった。
Trabzon-Black Sea
Black Sea
そして黒海が黒くないことを思い知ることにも。

街は、港町特有というか、カラフルな建物が多く、それだけで忙しそうな音が聞こえてくる。
Trabzon-Mansion
Trabzon Row
それでも海と併せての景色がいかにもな港町で、それはそれで楽しむことが出来た。
今回の旅行初の海は、残念ながら肌寒い季節に。
Trabzon
View from Hill


また、古い市街地を覗けばこれまた家がびっしりと詰まっていて洪水のよう。
Trabzon-Mansion
Old Town
区画整備というか、計画も何も見えないところに、ここまで家を建ててしまう、その勢いがすごい。
上から見るとカラフルではなかった。

アゼルバイジャンからこっち多くなったのが、かつての城壁。
Trabzon-Old Wall
Old Wall
これもまた旧市街に飲み込まれるようにしながら存在し続ける。
にしても上のやつ、いい所に家を陣取ってます。

そして街中に狭そうに入り込むように建っているモスク。
トルコはモスクの数がやたら多い。同じような形ですが、見渡せばお城のような独特なミナレットが点在していることに気づく。
Trabzon
Old Town
上からの景色を見渡しながら聞くアザーンには、何かこみ上げるものがあった。これが一つのトルコマジックなのか。
普通の長屋みたいなやつにミナレットだけ付いてるものもありました。
他には教会を無理やりモスクに改装しているものもあり、いいのか?という建物もある。
Masjid
Mosque
ミナレットの形など、今までのやつとは少し違ういかにもなトルコ風。
Masjid
Mosque


で、若い奴らがお洒落に貪欲。コレまでのような「スラックスにローファー」というお馴染みのスタイルは皆無でした。みんな平日も休日もショッピングに忙しそう。
ショップも多い。NIKE SPORTSWEARもあるし、トルコ版ユニクロ的なものも。
NIKE sportswear
NIKE sportswear

collezioni
Turkish "UNICLO"

用事を済ますだけの滞在と考えていたトラブゾン。
そこはやはりトルコ。そのスピード感や密度、せわしなさが、ヨーロッパに入ったことを実感させるような忙しさ。EUには加盟していないけれど。
その中にも響くアザーンやムスリム達との対比、また昔からお馴染みなのであろうバザールに文化と文化の衝突を感じずにはいられませんでした。そのことがまた、これからのトルコ旅行を楽しませる予告にもなりました。
Bazzar
Old Town Around Bazzar
けれど、トルコは少し後回し。楽しみにしながら、次の国へ向かいたいと思います。
Nice Man
Trabzon No.1 Nice Man
| stroll1 | 15.Turkey | 23:57 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |