ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Tough Road 2/2 | main | Cultural Pit #005 -in Leh- >>
Heart of a Mountain , India
Leh Road
Leh Main Bazzar
1泊2日の道のりを経て辿り着いたレー。
入域するための試験といわんばかりの末、入ることができたそこは、インドの中のチベットと言われるだけの事はある。
ラサのように日差しも強く、物事がより鮮明に映る。高所特有の切り立った山々。厳しい環境と共に人々が生きる土地でした。
実際、標高は3500mオーバーです。
Leh
Leh Main Bazzar
しかしそれでもここはインド。
街の持つ空気感はやっぱり、どうしても違ってくる。
もう何でもありな感、言葉にするなればフリーダム。
チベットと違い、ここでは信教が根本的に自由。どこもかしこも(バスの中でも)14世の写真である。
Dalai Lama
Dalai Lama
この写真はちょっと。。。ドル札と顔のコンビネーションが。。。


また、亡命して来たチベット難民も中国政府のことを言いたい放題。
街には、そんな空気を誇るでもなく主張するでもなく、楽しむという雰囲気が漂っている。

Leh Mosq
Leh Mosque
また、フリーということはカオス的な要素(お得意の)も孕むものだと感じた。
いきなりムスリムのモスクがあったり、ヒンドゥーのクリシュナを祀るパレードがあったり。
Leh Festival
Leh Festival

中国で共存するのがあれほど難しかったチベット仏教が、インドではいともたやすく共存している。
チベット寺を参拝しながら聞くコーランは感慨深いものがあった。
Leh Jokang
Leh Jokang
中国政府、見習うところ大いにありますよ。
と思いつつ、一個人としても見習うべきところを大いに考えさせられた。
Leh View
Leh Mountain View
まさに「インドの山奥」と言うにふさわしい地、レー。
デリーから見たら山の向こうの山の向こうの山の向こう、高山地帯、超乾燥地帯。。。
厳しい環境を持ちながらも、人々をおおらかに受け入れ、共に力強く生きている。
Leh Bazzar
Leh Main Bazzar
「自由」「フリー」「リベラル」などの言葉にして、あってないような概念ではなくただひたすら「ナチュラル」な場所かもしれない。そしてそれが本当の意味での「  」なのかもしれない、と。
天の川も拝むことができる星空や切り立った雄大で嶮しい山々、人々の必然的な生き方が、そんな考え方をさせてくれる。
そんなナチュラル満点の環境こそが一番の見所ではないかと思った。
Leh
Leh Old Leh Road
| stroll1 | 04.India | 23:23 | comments(3) | trackbacks(0) |
comment
ほんとにいい旅してるよコニー。
元気でやってるようでよかったです。
| ブルボン | 2009/08/22 12:08 AM |





そうですかそうですか。元気っすよ!

しかし旅行に来てみれば来てみるほど、色んなモノゴトが待っててくれていたような気がして2日に1回はウルルンしてますわ。

いい旅行が続くことを祈る毎日です。
| ROW stroller | 2009/08/27 2:03 AM |


オリジナル ウルルン滞在記だ!
| ブルボン | 2009/08/28 2:07 AM |


コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/922739
トラックバック