ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Cultural Pit #006 -in Hundar- | main | No Problem Go Surinagar >>
Like a Heritage 14
Dalai Lama
Teaching
チベット仏教の法主、ダライ・ラマ14世の説法を体験。
かんなりの期待を持ち乗り込んだものの英語の訳は皆無に等しく、すごく小声でした。それが唯一の心残りです。
まぁ英語の訳があったとして、2割も理解できないのですが。
Dalai Lama
Dalai Lama 14

小声で聞こえない位なら、いっそ無かったらいいのに、とかわがままな考えが浮かびました。

けど色んなものが見れた。わかっちゃいるけど、っちゃあわかっちゃいる、という位の至極当然のことなんですが。
実際に体験するとしないではやっぱり違いました。
Dalai Lama
Teaching Crowd

まず、14世は実はもの凄くチャーミング。説法のあった8月22日までにも2度、お目にかかる機会があったのですが、常にスマイリー。
あの歳にして本当に屈託のない笑顔を浮かべられる。
同じときに出会った少年たちのテンションも上がる。
Lucky Children
Happy Children

また、やっぱりチベット仏教圏での影響力は凄い。本当に当たり前ですが。
宣伝というか広報的な活動は全く見ることが無かったのですが、会場はローカルの人、アウェイの人含め人人人人。
行きのバスも、もはや騒乱状態。ヨボヨボの老人が窓からバスに乗り込んでいたのが、神業でした。

そして最も印象的なのが、14世が一言一言話す度に、地元の人たちが一歩一歩深みに入っていくように聞き入っていることでした。
Teaching
Teaching Crowd

皆、時間を幸せそうに過ごしてました。

一国の主、日本で言うと天皇と総理大臣を兼任しているような人物にして、祖国に帰ることすらできないというバックグラウンドを持つ14世。
決して心から穏やかになるときが無いのだろうのに、そんなことを微塵も感じさせない人でした。
場所が違えど、平和の為の思想は強く強く変わらない、そういう姿勢を一番感じました。

色んな偉人にもっと会いたいです。
Teaching
Teaching View
| stroll1 | 04.India | 11:16 | comments(4) | trackbacks(0) |
comment
ちょっと目を離した隙に!ダライラマ様にお会いしているとは!!
もーほんとうらやましい。ほんとそっち行きたい。今すぐ行きたい。
| tomoyo | 2009/08/29 11:46 PM |


す、す、す、すごい...!
教科書かTVでしかお目にかかれない神々しいお方

先日、アウンサンスーチーの特集コラム見た時、同じ様な印象を感じました。

ちなみに日本は明日、総裁選投票日です。日本が変わる日なのですよ。
| | 2009/08/30 3:02 AM |


↑上の記事
これブルボン。4649
| ブルボン | 2009/08/30 3:04 AM |





tomoyoちゃん

ダライラマ氏、オーラを感じなかったけどね。
オーラを消せるのかな?
次回ティーチングはカナダであるらしいよ!
dalailama.comなるサイトをチェック!



ブルボンちゃん

日本は変わるのかな。
だいぶ前からやけど、ルール変更が必要やね。
| ROW stroller | 2009/09/01 1:36 PM |


コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/925139
トラックバック