ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Cultural Pit #007 -in Amritsar- | main | Gate City of Pakistan >>
Straight to Pakistan
Pakistan
Lahore Signboard
好きな部分と嫌いな部分があり過ぎて、後にするのが勿体ないくらいの国・インドから、一路パキスタンへ。

Boarder Road
Road to Border
イミグレの対応は両国ともゆるい。インド側にて巻き起こった、パソコンのメーカーについての一悶着が一番のトラブルでした。ノーノーノープロブレム。
Boarder Pass
Wagha Border
またパキスタン側の優しさが心にしみる。
トラベラー、トラベラーと言って道案内をしてくれたり、税関や入国の案内をしてくれたり。噂に聞いていた「旅人に優しくする」と言う思想か。すばらしい思想だと心から思います。


国境を越え、最初の街・ラホールまで来たところ、見慣れた街並みに見慣れた顔つき、通貨はルピー(パキスタンルピー)、言語も良く似たウルドゥー語と、インドとそう変わりない。
Lahole City
Lahore City
国境なんて無理矢理引いたものなんだろうし、当然っちゃあ当然か。
しかしそれでも国が変わったことは事実だし、国としての政治・情勢も変わる、日本に対する感情も変わるので、心することには間違いない。
Lahole Station
Canttment Station

ラホールの街へ出て行って、ここでやっと一つ、大きな違いを思い出した。それはラマダン。
ラホールのそれは、シュリナガルで経験したものとは違う、更に厳しいものでした。
食堂は本当に一つもあいてるのを見かけない。
みんな若干イライラしてる。唾も飲めないので、そこらへんで唾を吐いている。
このゆるい⇔厳しいの差はどこから生まれてくるのか。

Lahore Night
Lahore Night Fever
その反面、夜は皆お祭りモードにチェンジ。18時半頃から皆ウキウキし出す。
そしてここでも文化の違いを実感、この日の夕食は久しぶりのビーフ&チキンでした。
Dinner
Dinner Special

ある一つのことが移った時、その変化が小さくとも本質的な相違は確実に大きなものであって。
今回の場合、敬虔なムスリムの国ということ、国として抱える問題、日本人に対する感情など様々なことを感じ取っていかないといけないと思いました。
その上で、自分のスタンスの本質的な部分は絶対に変えず、自分のスタイルには大きな変化を作り出しながら旅行したいと思いました。
Lahore Market
Lahore Market
| stroll1 | 05.Pakistan | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/926731
トラックバック