ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Great Wall -Beijing- | main | Straight to Tibet >>
BeiJing Art Now
BeiJing Art Now
BeiJing Olympic Park

やっぱり北京はデザイン・アートにおいても最先端でしょう。ということで、一日かけてデザインウォッチングを敢行。

にしてもだだっ広い北京。二ヶ所しか行けませんでしたが、昇り調子のその面白みを感じたので、さらっとご紹介。

まずは外せないでしょう、オリンピックパーク。


BeiJing Olympic Park 鳥巣
コレはすごい。感性と計算との融合?一筋縄ではいかんでしょう。

Olympic Park
BeiJing Olympic Park 水立方
とても綺麗。オブジェのように凛としてました。

双方とも圧倒的。今の中国の勢いを象徴するかのような存在感でした。
鳥巣に関しては中に入ってみましたが、競技者と観覧者の一体感をあおるようなダイナミズムでした。色んな要因が絡み合ってるましたね、あれは。

つぎにむかったのは798art zone798art zone
798art zone Sign

廃工場地帯を一気にアートゾーンに仕上げたという完成度のモロ高い区域。サインからもわかりますが、カオスティックな魅力があふれてます。
あまり撮れませんでしたが、チラッと紹介します。798art zone object

区域はどこを切り取っても遊び心で満たされてます。

コレが目立った。

今、北京では立体物がホットなよう。しかもブロンズをペインティングしちゃってるのが多かったです。好きです。


コレはもう無茶です。


ギャラリーも面白いスポット多数。中国にしては珍しく?No Photoが多かったです。。。

質感とボリュームがいけてます。


内臓をかわいらしいオブジェクトで作り上げたシリーズ。個人的にツボでした。


コレはマストでしょう。


子供の顔をプリントした旗を、爆風で流している展示物。
コンセプチュアルかつ大ボリューム。グサッときました。


北京のデザイン・アートシーンの一端を垣間見たことは、今の自分にとってすごく刺激になり感動することとなりました。
できれば2ヶ月に1回は通いたいなー。それくらいの激動をしています。

| stroll1 | 02.China | 22:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
comment
すげーな中国。
思ってたイメージと全然違うわ。

こどもの旗のやつが好きやー
| jaguar | 2009/07/01 10:44 AM |


すごいっしょ、中国・北京。
ダチョウ倶楽部のように勢いだけで行ってるところもあるっちゃあるけど。

見直したというか見改めた。
まずは今年中に一回見とくのがオススメっす。
| ROW stroller | 2009/07/01 9:57 PM |


コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/959974
トラックバック