ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Tresure of Tibet | main | Visa | Nepal >>
Great Nature of Tibet
Mt Chomolanma
Mt.Qomolangma
行ってきました、The World Highest。5000メートル越えの、そのベースキャンプ。
とは言うものの、ほんの数百メートルしか登ってません。
このベースキャンプ、ここまでは皆ランクルやバスなど、ハイテックな方法でやってくる。
実際登るのは3000メートルそこそこ。
けど、慣れない者にとってベースキャンプで限界ギリギリでした。
数百メートル登っただけで、その薄い酸素のせいで動悸・息切れが。救心が欲しくなった。

Mt Chomolanma
Mt.Qomolangma Base Camp
そう、限界からさらに3000メートル自分を押し上げるのは並大抵のことではない。
この世界最高峰を前に皆、壮絶な決意で挑むのだろうと実感した。

Mt Chomolanma another side
Sun Set in the Base Camp
また、ベースキャンプはそのダイナミックな景色を楽しむためにも来る価値は十分にある。
360°どこを切り取っても山山山。夕日や朝日、月や星空といったものが、その環境のせいで新鮮なものに感じた。


そして中国−ネパール国境までの旅程は、正に道なき道。チベット高原からヒマラヤ山脈の、でかすぎる自然を否が応にも体感できる。広大な平野や連なり続ける山々。凄すぎです。

Himaraya Nature
Nature of Himaraya
けど一番感動したのは空。大地が広ければ広いほど、大きく包み込むような空はやさしくも限りなかった。


これでもかというくらいワイルドな自然を見せ付けた後、水墨画にもなってそうなオツな一面も見せてくれた中国・チベット。
Damng
樟木
国境の街ダムまでの道のりはドライバーのかけてくれた中国の民謡と相俟って、中国最後の思い出は、しっとりとしつつも後味のよいものとなった。

Nature
寄ると結構シダ系が目立っている。


最後に。ベースキャンプでは、幸運にもチョモランマを拝むことができた。
雲が晴れた瞬間、高揚感とともに妙な達成感を感じたけれど、それは錯覚で。
目標が見えた瞬間がやっとスタート。姿を見せてくれたその前で、登山者とは目指す頂点は違うけれど、同じ焦点を持って偉大な目標に立ち向かいたいと思いました。Mt Qomoranma
Mt.Qomolangma
| stroll1 | 02.China | 19:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
comment
空と大地。壮大だなぁ
写真で見ても溜め息でちゃう感じ。

こないだ東京の空が怖いくらいすごく綺麗な日があって、
事務所の屋上から見てて、ビルとの相対に違和感を感じたなー

もうネパールなんだね
| ブルボン | 2009/07/08 10:58 PM |


もうネパールっす!

ヒマラヤは壮大すぎて大声が出ましたわ。
| ROW stroller | 2009/07/11 5:47 PM |


コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/959978
トラックバック