ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Free! Uighur | main | Cultural Pit #010 -in Osh- >>
Straight to Kyrgyzstan
Border
China Kyrgyzstan Border
シルクロードを西へ西へと中央アジアへ。
ここでの最初の国はキルギスタン。
カシュガルから国境の街・イルケシュタムまではバスで超快速だったものの、ここでの税関チェックも厳しい。
Border
China Kyrgyzstan Border

今度は香港の問題について難癖つけられた。
持っていた地図が悪かった。のか?香港と中国の色が違うとのこと。よー見つけたな係員。てか今んとこ問題なかろうに。
これだけのことで時間かかるかかる。もう逆に尊敬に値する。逆に。

最後まで、その政府はいい印象になることなく中国を後にした先、キルギス。
ここでの越境は、その雰囲気がガラッと変わる。
Ilukeshtam
Trailer House
ロシア系の人々がやたら目に付くし、街も今までなかったようなトレーラーハウス。
わずか2〜3キロ進んだだけでローカル人の普段着の着こなしも変わる。
Ilukeshtam
Kyrgyzstan Local People
基本的には作業着やけど、何か帽子の被り加減とか、ズボンのずらし具合とか。
すげー細かいんですけど。


今まではこれから新たな土地に入っていくという不安も少しばかりあったけれど。
今回ばかりは、やっと抜け出せたという気持ちになる。
そして、個人的に旅行のネクスト・ステージな印象も持つことと。
Ilukeshtam
Waiting Trailer
そんな土地、キルギスの税関では温かい役人にメシを奢ってもらい、気持ちよく睡眠を迎えた。
が、そこから目的地、オシュまでの道のりは、足の遅い遅いスーパーカー。
Super Car
Super Car
タクシーで8時間くらいで行くところを26時間かけて行きました。
登り道の体感速度は時速1キロ。下りは時速3キロ。それでもヒッチハイク失敗か、と思わせないドライバーの人の良さ。
貴重な出会いをありがとう。
Jean
Mr. Jean

途中の街はこれまたトレーラーハウスばかりで、これはこれでなかなか情緒ある、と感じさせます。
パミールの大自然とのコントラストがなんともオツな雰囲気を湛えます。
けどやっぱり路は悪い。
Trailer
Pameer's Town

それでも何とか辿り着いたオシュは、ロシア系の人々とローカルなアジア系の人々が半々くらいの割合で住んでいる街。
欧米人特有の、人生をイージーに生きる雰囲気と、アジア人の活気ある雰囲気が入り乱れる、何やら香ばしそうな所でした。
Osh
Osh Street
| stroll1 | 07.Kyrgyzstan | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/960015
トラックバック