ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Yakshumshez this is Osh | main | Live in Bishkek >>
Everything Nice Toktoglu
Good Country
Nice Country Road
うっかり受け取り損ねたビザの受け取りと情報収集の為に、一路ビシュケクへ。
その道中は農業大国キルギスののどかな自然を味わうことができるそう。
やっぱり田舎はいいだろうということで、途中トクトグルという街を挟むことに。

Good Country
Nice Children
この街は着いた瞬間から、「悪いわけがない」と思わせてくれるくらい、ナイスな雰囲気を持った街。街というか集落というのか。
Good Country Bazzar
Toktoglu Bazzar
取り立てて何があると言うわけではないんですけど。
多分ナイスと感じさせるのは、子供のテンション、活気のあり過ぎないバザール、程よい緑の量など。旅行でその辺の嗅覚が少しついた。
Good Country Children
Children
単純に「田舎はいい」という感情なんだろうけれど。実際この旅行中、悪い田舎に行ったことがない。

ヴァシシト村、キーロン、フンダル、フンザ。そうそうたるメンツです。これからも増えていくに違いない。
Good Country Children
Children


また、田舎では必ず出会いが待っている。
今回は、草原の中で一人ウォッカを飲みながら羊を見ていたおじさん2人組。1人は快活で1人は超クールな、ナイスなコンビネーション。
Kyrgyz People
Village People
第一印象から、その気持ちよさが伝わってくるような、アイリーな雰囲気を持っていた。
出会った瞬間に酒盛りが始まる、その瞬発力は世界遺産のようなもの。
トクトグルの先にあるカラシュなる村に住んでいるらしい。この村の眺めもまた素晴らしい。
Village
Village

キルギスならではの、金色と緑色と家々のコントラストは、田舎は便利なものはほとんどない、けど人が考え生きていく為のものは何もかもがあると、そんな風に考えさせてくれました。
最終的には僕は都会のほうが好きなんですが、色んな国々のそのどちらをも見ることができる、旅行のありがたみ、贅沢さをかみ締めながら歩いていこうと思いました。
SUNSET
Sunset
| stroll1 | 07.Kyrgyzstan | 22:28 | comments(6) | trackbacks(0) |
comment
メールを何度送っても
メーラーデーモンさんに戻されてしまいます。

ま、ブログで生きているの画確認できるからいいけども。


ちょっと確認してみて。
| もっちゃん | 2009/09/28 1:09 PM |


レーからジャムーまでご一緒した、ムサのハジです。ご無沙汰してます。あの後本当にいいたびをしている様で、大変うらやましいです。僕は今東インドの海沿いの街にいます。それではまたー。
| はじ | 2009/10/04 9:38 PM |





もっちゃん
もっちゃん宛にメールアドレス何個か送るから、CCで全部にもう一回送ってみてくれろ。
生きてるよー!
| ROW stroller | 2009/10/06 7:41 PM |





はじへ
たくやです。久しぶり!
インドが懐かしい。。。
結構インド大回りしてんねんなぁ。帰ったら様子を聞きに行くで。
| ROW stroller | 2009/10/06 7:46 PM |


お洒落な窓を撮リ、感心感動させる事は あなたの感性が良いのでしょう
窓の内で生活している人の姿が想像出来 天空から覗いているようで想いはふくらみます  
お菓子やさんのクッキー無造作に見えるけど 計算された
飾りつけ どんな入れ物で渡してくれるのか〜〜
| kako | 2009/10/11 12:18 AM |





kakoさん

外国にいると色んなものに敏感になってしまって、いろいろ撮ってしまいます。
日本ではないものが、普通の生活の中に見ることができる。そこが一番面白いところでした。
僕もビスケットの入れ物は想像に任せています!
買えなかったので。。。
| ROW stroller | 2009/10/20 1:52 AM |


コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/960018
トラックバック