ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Cultural Pit #020 -in Tbilisi- | main | Tha Earth's Family >>
Tha Millitery Ahead
Kazbegi
Gergeti Sameba Cherch
過去にグルジアの軍事的な路として活用されていたという路、通称「グルジア軍道」。
個人的に敬遠したくなるような名前の、この路の先にはフンザやレーにも似たナチュラル満点の生活が広がっていた。
Kazbegi
Kazbegi Street

そこに至るまでの軍道も迫力ある景色。スキー場もあるようで、この時期はもう一面真っ白でした。真っ白で巨大な山は神がかって見える。
Millitery road
Road 2 Kazbegi
けど横にいるオジサンの顔もド迫力の近さ。スシ詰め状態での移動の為、100%堪能はできませんでした。帰りに期待します。

それ以外は何事もなく、無事軍道の先の街ゲルゲティに着いた。
Kazbegi
Kazbegi-Gergeti
その途端、さっきまであれほどしんどかったオジサンの顔の近さが、一瞬にして前フリに変わってしまうほどの景色。四方を山に囲まれた環境に懐かしさを含んだ感動を覚えた。
Kazbegi
Kazbegi Gergeti


そしてここまで来れば東アジア人をあからさまに馬鹿にするような輩もいない。
Crowd
Kazbegi Crowds
それでもやっぱり珍しいのか、5人に4人くらいはもの珍しそうに凝視してくる。


こういう街、というか村ではいつも観光する気が一気になくなっていくのですが、民泊先「コバさんの家」のシスター・レイラが激烈にお薦めするサメバ教会、ここだけには行ってみようという気持ちになった。それほどのお薦めっぷりでした。

けれど行ってみて納得。山路、車の道路、獣路を登ること小1時間。サメバ教会が見えた瞬間、何とも言えない開放感が訪れる。物理的にも360°の開放感。
Sameba Ch.
Sameba Charch
それだけで、ここに教会があることの意味が見えた気になってしまうくらいの眺めだった。

Sameba Ch.
Behind Sameba Charch
この気持ちよすぎる環境で風の音と陽の光と教会の匂いと、色んなものを堪能させてもらいました。

オセチアとかパンキシとかチェチェンとか、地域的に色々問題のあるロシアとの国境付近。
そんな雰囲気を微塵も感じさせないところでした。
Sameba Ch.
Sameba Charch

その後、ロシアボーダーまで歩いてみたが、本当に何もなかった。ただ門前払いを食らっただけ。
道中の景色が最高、という過程は残しましたが。。。
Kazbegi
Road 2 Border
| stroll1 | 14.Georgea | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック