ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Tha Millitery Ahead | main | Cultural Pit #021 -in Kutaisi- >>
Tha Earth's Family
Kutaisi
Kutaisi City
グルジア第2の都市といわれるクタイシ。
雰囲気はトビリシのオールドタウンが拡がっている様な感じ。バザールなども活気があってよし。地形的にもトビリシみたいに川の周りに開けている。
Kutaisi
Kutaisi City

また、ここには世界遺産のバグラティ大聖堂とゲラティ修道院、モツァメタ教会といった見所がたくさんある。
けれどこの街で一番印象に残っているのは、そういった観光スポットではなく、「地球の家族」とも呼べるような素晴らしい家族。この旅行で出会った多くのファミリーの中で一番ピースフルでナイスな家族でした。
Kutaisi
Kutaisi City
そこは「スリコの家」という名前で旅行者には超有名なオームステイ先なのだそう。
情報ノートや口コミなど至る所でその名前を見聞きしており、実はここへの宿泊がクタイシへ来る理由の一つにもなっていた。

夜行列車旅を経てクタイシに着いたのは午前2時。けど車掌さんが寝台で8時まで寝かせてくれるという親切さ。ほんま、今んとこ俺が会うグルジア人は9割が優しくオープン。
まぁこの車掌さんがゲイだったこともあり、少し不安もありましたが。そしてその後、その不安が危うく的中しそうになる。危ない危ない。
Kutaisi Station
Kutaisi Train
ちょうど日の出と共にホームから街へと繰り出し、「スリコの家」へ。
入って挨拶もそこそこに、まずは一杯。自己紹介もそこそこにもう一杯。

そうです。ここの主人スリコさん(スリコって男!?な感じでした)は朝からワインを飲むという完璧なアルコールジャンキー。そして客にも容赦なくもてなしてくれる。
なんか魔法かけられたみたいに何杯も飲んでしまいます。
しかもこのワインが自家製。ワイン作りもちょこっと手伝わさせてもらいました。オモロイです。
Suliko Medhiko His Son
Sliko Medhiko & Their Son

もう毎食毎食家庭料理にワイン、チャチャ(ウォッカみたいな自家製酒)、ルービー、コニャック(コレも自家製)、ジャム入り紅茶が入り乱れての宴となってました。
ほんでメディコさんのグルジア料理も絶品でした。
Good Break First
Good Break Fast

その他みんなでドラマを見てキャーキャー言ったり、日本人から贈られたという「NHKみんなの歌」を合唱したり、グルジア語講座をしたり(何一つ覚えてない。。。乾杯がガマルジョースやったかな)、グルジア流乾杯をしたり、何故かメディコさんファミリーのレディーストークに呼ばれたり。

Ladys Talk
Ladys Talk

旅行者を完膚なきまでに振り回す、その歓迎の心が肝臓に響くくらいに嬉しかったです。


乱痴気騒ぎの3日間を送りながらも、スリコさんとメディコさんの2人のアチアチっぷちはしっかりと感じることができた。酔っ払い、踊り、歌いながらメディコさんにスリスリ寄って行くスリコさん。そんな快活なスリコさんを温かく、厳しめに見守るメディコさん。羨ましくなる様な2人。この2人には、家族であり、恋人でもあり、人生のパートナーでもある、特別な絆を感じました。

有終の美「スリコの家」を始め、グルジアでの宿泊は全てがホームステイ(お金はちゃんと払ってるんですが)。その1つ1つ、1人1人との間には自然と物語が生まれてました。
それはどう考えても終わるようには思えない。いつでも帰りたくなるような家ばかりでした。
グルジアの全てに感謝。
From Gerathi Grand Charch
From Bagrati Charch
| stroll1 | 14.Georgea | 03:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
comment
ガールズトークにポワンと違和感無く溶け込む、
DONの才能は万国共通だったんやな〜ふむふむっ
もはや天性の才能、天才、ジーニアスですYO!

あのハウスワインはこのファミリーだったのね
今頃、DONの胃袋に収納されたんだろうな〜

食卓がかわいいね。ファミリーにとっては飾らない食卓なんだろうけどね!
こういう食卓って、日本人には現実より物語の世界に近いなー。

メディコママン、良い顔してるね◎
憧れちゃいまっす。



| とと | 2009/11/26 9:22 PM |





はい、オミヤ予定のハウスワインは今頃、間違いなく私の血液となってます。俺の血液はワインでできてます

グルジアのガールズトークは涙あり、笑いありの言葉と性別の壁を越えたものだったのよ。
てか壁なんて元からないのよ、この家族。
ほんま感謝感謝でした。
| ROW stroller | 2009/12/01 12:23 AM |


コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック