ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Amani ! Lamu Amani !! | main | Tha Stroll Reopens >>
Kwa Heri ! BLK Africa
Ethiopian People
Ethiopian
アフリカ、今回は東アフリカだけにして後にすることに。
個人的で現実的な問題もあったため、早足で街も絞りに絞って3ヶ月半。全然足りません。
Ethiopian People
Ethiopian
途中から時間というものは、腕にはめてる腕時計の他には1つもありませんでした。
あったとすれば腹時計くらいか。


Ethiopian People
Ethiopian
そこに実感として残ったのはアフリカ人、アフリカ人、アフリカ人、人、人、人。
これに尽きる。


Ethiopian People
Ethiopian
ケニアの最後の方、航空チケットも買って時間というものができた途端、世界は一新してました。
自分がよりヨソモノになったかのような。
Ethiopian People
Ethiopian
より現実的な視点で「感じ」より「考え」出したかのような。


Dasanech
Dasanech People
ほんま、たった3ヶ月半。広いアフリカの1%にも満たないであろうこの旅行。
問題も喜び何もかも、今まで生きてきた中では感じなかった裏の裏、実は表から感じることができたと思う。
同じ表から感じるのではない、裏の裏という表。
Masaian
Masai People
はるかに直接的で直感的なものでした。


Kenian
Kenian
それは裏返ってたものがここに来て戻ったのかどうなのか。
どっちをも望めるものではない為、旅行者にはわからない。


Kenian
Kenian
それをもたらしたのは表の表しかないようなアフリカ人たち。
この人たちに会うためにここにいる、そんな幸せを感じさせてくれました。
Rwandian
Rwandan
アフリカ人、嫌な奴もいるけれど、嫌な奴も含めて問題は自分にかえってきてました。
結果アフリカ人、とてもすごく大好きです。


Burundian
Burundian
アフリカ人からしたら「え、何が?」って感じやと思う。
それでもあんたたち、それはココにしかないんですよ。
それはココでしか生きられないんですよ。


Burundian
Burundian
アフリカ旅行、自分が生きてきたボリュームの100倍は軽く超えていく様々な感情を、絶対に忘れないとは言い切れない。
初心忘れるべからず、という言葉は不可能だからこそ重いのだと思う。


Burundian
Burundian
けれど、これからアフリカとはどこかで絶対に付き合いたいと感じる。
そこに「援助をする」という気持ちはなく。
Tanzanian
Tanzanian
感謝と尊敬の気持ちを持って、自分のできる事をする。
その中で、忘れる感情は在っても仕方ないけれど、大事にしたい感情くらいは育てて生きたいと思います。


Tanzanian
Tanzanian
アマサグナロウ!アサンテサナ!ムラコゼ!メルシー!シュークラン!
アフリカ旅行中に使ったアリガトウ。
Tanzanian
Tanzanian
アフリカ人、本意だろうがそうじゃ無かろうがたくさんのモノをくれました。絶対に返します。
まぁ、アフリカでも日本でもその他の国でも、志を同じくがんばりたいと思った最期の地は、結局合計10泊もしてしまったナイロビでした。
Nairobi Row
Nairobi Row
| stroll1 | 29.Kenya | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/960158
トラックバック