ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Cultural Pit #053 -in London- | main | Freedamastrdom >>
Cultural Pit #054 -in London-
Cultural Pitt
Buildings in London
ロンドンは古き良き建物がいっぱい。
街並みも古き良き、って事で逆に新しき良き建物撮ってきました。

コレはロンドンの東側、開発地区に建っている。
Buildings in London
Buildings in London
建築者が意図したかどうかはわからないけれど、ロンドンっ子はキューカンバー言うてました。俺も形は嫌い。それでも模様とか柱の並べ方とか綺麗でした。


コレは古い街歩いてて、ふと見上げたらあった陸橋。
Cultural Pitt
Buildings in London
中は当然フラットですよね?今にも落ちてきそうでした。


コレは最新でもなんでもないし、歴史も何もないのであろう、しなびたビル。
Cultural Pitt
Buildings in London
ムキダシの形状と潔さそうな造りがグッときます。
かつては最新のモダニズムだったのでしょうね。こういうのはいつまででも残ってほしいモンです。


ビビッドシリーズ。
Cultural Pitt
Buildings in London
都区計画(あんましよく解らないですけれど)的にもビシッとはまってたし、こんだけ冒険した色ながらきちんと街にも収まる。
それはロンドンという多様性のなせる業なんでしょうか。設計者もそこら辺武器にしてるようですね。


市役所。
Cultural Pitt
Buildings in London
日本ではこんな市役所ないでしょう。こんなマツボックソみたいな。


ロンドン、景観を崩さない、外さない建物が多々あったように思いました。同じ都会でも、ドバイで見た摩天楼とは全然違う。
そんだけの歴史と、ぶ厚い文化を改めて実感。

建築だけにとどまらず、日本よりもいいなーと思う文化も多々あります。
それだけに目線は常により上に、吸収しつつもその消化方法に重きを置いて末永く付き合って生きたいモンです。
| stroll1 | Cultural Pit | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/960167
トラックバック