ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
<< Cultural Pit #061 -in Madrid- | main | Over and Over and >>
Westend Europe
Roca Cabe
Roca Cape

『ここに地果て、海始まる』

かつての人々、地球がまっ平らだと思っていた人々は、このユーラシア大陸の西の果てをこう称したとのこと。
個人的に、この言葉にはとてつもない希望を感じます。
地図を持ち、全く分かりきったタダの旅行者でさえ、ここにつく瞬間は「おおおおー」てなった。
Cape Roca
Roca Cape

昔のその時はどうだったのでしょう。
世界で地が果てる瞬間はどうだったのでしょう。
果ててから、また海が始まるまで、人々は何を想っていたのでしょう。
そんな事を考えていると、この岬と海の間に、何か固いカタマリのようなものを感じる。
Cape Roca
Roca Cape

にしても海が広い。
和歌山も広いけれど、西の果てという事実が実感として感じられ、いつもよりも気持ちが水平線の向こうまで回り込む。
距離感も何も全く分からないですね。。。
Cape Roca
Roca Cape

地の果てを知り、このだだっ広い海を目にした瞬間に大航海時代が始まったのかどうなのか。
よくもまぁ行こうと思いましたね、あっちまで。
でアメリカ大陸を発見しちゃうんですね。果てることには色んな未来が詰まってるもんです。


すごい。


僕にとってはロカ岬、ここには「果て」も「始まり」もなかったけれど。
今までの、これからのモノゴトの「果て」「始まり」を考え、再認識するには余りある海でした。
「果て」る事の偉大さを噛みしめて、「始め」て行こうと思います
Cape Roca
Roca Cape
| stroll1 | 35.Portogal | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
comment
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stroll.row-works.com/trackback/960202
トラックバック