ROW

ROW | website
info@row-works.com
ROW website
ROW | webstore

BLOG | ROWlife

MUD | website


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
POSSE
traglipper
ignacio izquierdo
mizu
piotr nogal
tekuteku
rakuen quest
★rie★
Arata
Yu Avi
hitomawarihitoritabi
monnie


ARCHIVES
CATEGORIES
Cultural Pit #061 -in Madrid-
Piece in Madrid
Piece in Madrid
マドリッドのグラフィティ。
気になったのはコレだけ。どこか動物みたいなピースなピースでした。

負けじと制作。
MUD
MUD Open
日本の相方によるMUDです。
サイトをドロップしたんでヨロです。
制作と旅行のバランスが難しい。。。
帰ったらグレードアップしようと思います。
MUD | website>>
| stroll1 | Cultural Pit | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
Uncle Lisboa
Lisboa
Lisboa
ひとまずはユーラシア大陸最西のキャピタル、リスボンに到着。
同じイベリア半島にあるものの、マドリッドとは全く違う雰囲気を持つ街でした。

一言で言うと、中年オジサンの渋さを持つというか、葉巻にバーボンが似合っちゃうというか。
Lisboa
Lisboa Row
噛み砕いて言うならば、まずは建物が古い。
それだけで居心地の良さが5倍増、というくらいのいい古び方でした。

あとお気に入りのポイントとして、路がたいがい狭い。
Lisboa
Lisboa Row
に加えて坂道も多く、それだけで通りにも情緒が溢れる。
路を走るトラムとか、古いだけじゃなく色彩的に賑やかな民家とか、商店とかとのコンビネーションが歩いてて飽きさせない。
Lisboa
Lisboa

またその路、タイルが散りばめられていたり、昔の回廊調のものがあったりで、何か何処か趣があるんですよね。
ほんまにタイルというかレンガというか、そんな路は多い。
Lisboa
Lisboa
昇りも下りも靴底が滑って大変でした。それくらいツルツルで使い古されてる感。

そんなリスボン、丘が多いんですがそこから見る景色が素晴らしい。
Lisboa
Lisboa
クソ暑い中登ってみて良かったです。

ただ、古い!情緒!哀愁!とは言いつつも、そこはやっぱりリスボン、好きなデザインギャラリーもあって。
Lisboa
Lisboa Design Gallery
案外トンガったデザインも見れて、その対比が面白かったりした。
まぁ住んでる若い奴らのノリ的なもんは他の街と変わらんし、文化もやっぱりそれなりのものだった。
まぁその分、全てに於いて対比が鮮やかに見えていくんですけどね。
Lisboa
Lisboa

なんかイベリア半島、一気にここまで来てちょっと一息というか何というか。
リスボンは観光そっちのけでゆっくりしてしまう街だった。
ちょうど出会った大阪出身のロミーちゃん(仮名です)も、これまでの旅程に一息つくように、しみこませるようにゆっくりと歩いていた。
僕も考えずそんなペースになっていたもので、気持ちよく時間を過ごすことができた。
Lisboa
Lisboa

そんな独特な時間を持つようなリスボン。
大陸を渡ってきた昔の行商は、これから始まる長い航路へ向けて一息つくだのなんだの。
そんな事を考えながらも、何故こうなるのかは半分分かってて。あと半分は、こうなってしまうんだから仕方ない、というようなものなのかな。
Lisboa
Lisboa

まずは物価が安い。宿も14ユーロ。ベルリンの次に安い。
で、めちゃめちゃ暑いのに日陰がやたらと涼しく、風も心地よい。
空気が乾燥してるからか汗もすぐ乾くし、乾かしつつ風を浴びつつポルトガル人を観察しつつ、というのにはまり込んだりもしてしまう。
Lisboa
Lisboa
僕が面白がって観ていたものは、ゆっくり落ち着いて観たときのみに浮かび上がるものだったのかもしれなかった。

今まで意味もわからずグッときてた「情緒溢れる」というものの素晴らしさ。
ここリスボンには満足できるだけのものはあると思う。
僕にとっては満足を通り越して、感動とか感謝とかそんなありがたい気持ちももたらしてくれた。
Lisboa
Lisboa
| stroll1 | 35.Portogal | 04:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Madrid Art Now
Art in Madrid
Foundation of Gerunica
ハイ出ました、アート系のナウ系のマドリッド系です。
ここマドリッドではピカソの大作、ゲルニカが無料でナマで見れてしまいます。
土曜の14時以降に、ソフィア王妃芸術センターにて待ち合わせでOKです。
まぁ撮影はご法度。みんなバッシャバシャ撮ってたけど。上のやつはピカソ先生による鉛筆スケッチです。

マドリッドはこの他にプラド美術館もあるんですが、ルーブルを経てきてちょっと一休み、の為行ってません。相当でかいそう。

他んトコから一気にご紹介しときます。

Art in Madrid
Piece in Sophia Art Center
こういうプロパガンダ系は好きです。なんかこういうテイストが多いものね。


Art in Madrid
Piece in Sophia Art Center
ここでもドゥシャン先生ごひいきです。ドゥシャン先生がビン掛けを作った訳ではないよ。


Art[
Piece in Sophia Art Center
ウマイなぁ。ロイ・リヒテンスタインだと。
Art in Madrid
Piece in Sophia Art Center
最近になってウォーホールとかこの人とかの深さが分かるようになりました。


Art in Madrid
Piece in Sophia Art Center
変態ダリ容疑者のもの。イケ面ですね。


あとはふらっとギャラリー系です。今回は少ない。。。

Art in Madrid
Piece in Gallery
最近の僕です。なんかウォーズマンみたい。パントーンで表示されてるそう。


Art in Madrid
Piece in Gallery
Art in Madrid
Piece in Gallery
Art in Madrid
Piece in Gallery
ヨーロッパ、こういうマテリアルにしてこういうテクスチャ多し。



マドリッド、小さなギャラリーが点在してて周りやすかったです。
にしてもソフィア王妃芸術センターはオススメ度、高いです。
Art in Madrid
Piece in Sophia Art Center
| stroll1 | 34.Spain | 23:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
Open tha Iberian Time
Madrid row
Spain Row
ヨーロッパも早くも終盤、アフリカまでとはやっぱりスピード感が違いました。
毎日を無駄にしない!という勢いで無駄にしたことも多々ある筈。
両方に気を配れないのが僕というもので。
Exhibition in Madrid
Exhibition in Spain

そんなヨーロッパ旅行の終盤はイベリア半島。まずはパリから一気にスペインの首都、マドリッドへ。
ここでの移動ももちろんオートマティック感。楽チンです。
Madrid Row
Spain Row
パリからおりて来たからか、マドリッドは少し小さくまとまってるような街に思えた。

実際に街の規模としてもそこまで大きくないし、パリのようなメトロポリタンな雰囲気もない。
古い歴史を匂わせる一角はあるものの、そこまでの見所はなく、その上均整のとれた、とかそういう印象とは程遠い。
Madrid
Spain Row

けれど。
すぐにそんな物は不要と思わせる、なんともイベリアンな空気に包まれる。
Madrid Row
Spain Row
まずすぐに耳に入り、気に入ってしまうのが巻き舌系のスペイン語。めちゃめちゃカッコイイです。
ネイティブだからでしょうか、とてもラフに聞こえる。そんな言語なのか?

あと、言語よろしく人が陽気でラフ。人が違うから細かい1個1個のモノコトが違ってくる。
スーパーでの買いもの1つにとってもそう、必要以上のことを僕にベラベラ喋ってるというか。明らかにやり取りが長かったりする。
Gay Parade
in Gay Parade
ポジティブな感情は十分に伝わるんですけど、そんな完璧なスペイン語を2倍速にしたようにまくし立てられてもね。

で始まりましたここから、シエスタ文化。初日はやっぱりクラいました。
14時とかになったらギャラリーもスーパーも服やとかもほとんど閉店ガラガラでした。正確には14時の10分前くらいから。
大型店やマクドとかは開いてるけど、街はさながら日曜日のよう。
Madrid Row
at Ciesta

毎日毎日、日曜日があるんですね、スペインには。
効率が良いのか悪いのか、そんなことは一切考えてない。
それだから昼は昼で、また夜は夜で皆とても楽しそう。
in tha Night
in tha Bar
心には良さそうです。

あとはこんな時期でもあるからか、思いっきりド派手なゲイパレード(どんな時期?)やサッカーでの異常な盛り上がり、バルでの一杯や微妙に増えてきた客引きなどとやり取りを交わしつつ、イベリア半島の始まりを感じていた。
Gay Parade
in Gay Parade

幕開けとしては十分、旅行者のツカミとしては十二分。
これからのイベリア半島プチ周遊旅行。
今までとは違うリズムと趣を、期待を煽りまくる要素はどこにでもあるマドリッドでした。
Madrid Row
Madrid Row
| stroll1 | 34.Spain | 05:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
Cultural Pit #060 -in Pari-
Shakespear & Company
Shakespear & Company
パリのナイスショップ、シェイクスピア・アンド・カンパニー。
パリで出会ったモニーさんに聞いていってみた次第。
Shakespear & Company
Shakespear & Company
映画『Before Sunset』のロケ地、ということで有名だそう。
それ目当てに行くのが本筋かな。
Shakespear & Company
Shakespear & Company
けどすごい愛を感じます、この店。
僕も本は雑誌とか図録とかばっかですけど大好きです。
ネット上と同じ内容でも、情報量は桁違いに違うと思います。
なんか世間ではこれからはデジタルや活字はもう十年で終わるやらなんやかんや。

ここへ来て、一安心でした。
Shakespear & Company
Shakespear & Company
| stroll1 | Cultural Pit | 04:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
Pari Art Now
Pari Art Now
Mural of Shakespear & Company
パリのアート事情〜。


まずは建物からして一筋縄ではいかない、ポンピドゥーセンターから。
Centre Ponpidoo
Ponpidou centre
サーファーじゃないけれど、ここのこのパイプに入りたかった。
Centre Ponpidoo
Ponpidou centre

ここはホンマ、メガストア級の近代〜現代美術を見れる。
好きなところだとドゥシャンとか。
Duchan
Piece of Marcel Duchan
他には「泉」もありましたよ。

コレ誰でしたっけ。
Piece
Piece of Ponpidou
メモるん忘れた、知識不足が祟ってます。。

その他不思議な現代アートもドッサリ。
Piece
Piece of Ponpidou
Piece
Piece of Ponpidou
Piece
Piece of Ponpidou

家具もドッサリ。

シャルロット・ペリアン。
Piece of Ponpidoo
Piece of Ponpidou

ユニットハウス。エコ系です。
Piece of Ponpidoo
Piece of Ponpidou
ここのん挙げだすとキリがない。
ヨーロッパ来たからにはマストです。


ルーブルも行っときましたが、流石に割愛。
Rouvr
Rouvr Museum
ていうか無理です。バカでかく、トバシトバシ見るのに3時間でした。

そらモナ・リザも微笑むわ。余談ですが、個人的にはモナ・リザ、あんましグッと来なかったです。

不思議な魅力を持つ絵が多かった。彫刻も。
Piece of Roovr
Rouvr Museum
何故こういう絵になるんでしょうね。想像が尽きません。妄想?


個人的に好きなのがアートデコ・ギャラリー。
ルーブルとほぼ併設。
デコレーションていう範疇に入るものをそれぞれジャッジして展示してました。
幅広い!

ストゥディオ・ジョブの作品です。
Piece of Studio Job
Art Decor Museum
コレにやられてストゥディオ・ジョブにハマった人は僕だけではないはず。
他にもいろいろハバヒロ。

コレ、気になる人は代官山のSTITCHにでも行きましょう。
Piece of Art decor Museum
Art Decor Museum

カタツムリの体液?ヌメリ?を植物柄で描いちゃってるところがイッチャッテルところだと思います。
Piece of Art decor Museum
Art Decor Museum

コレ分かりますかね、コカ・コーラ社のものです。
Piece of Art decor Museum
Art Decor Museum
顔の部分がボトルで角の部分がcoca colaで。
いつごろの作品じゃい!いいですね。

これはシボネに売ってましたね。
Piece of Art decor Museum
Art Decor Museum
いくらやったっけな?

てかここも広い広い。家具やら陶器やら、何世代ものモノが見れます。
Piece of Art decor Museum
Art Decor Museum
Piece of Art decor Museum
Art Decor Museum
紹介もこんくらいにしときます。
だけじゃなく、定期的にテーマ変えてエキシビションもやってて、それもまた面白そうでした。
雰囲気的にはロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバートミュージアムのような感じ。


後は道端ギャラリー及び道端アート。
Piece on tha Road
Piece on tha Street
Piece
Piece on tha Street

これはただのフライヤー。けど絵になるねー、この世代のジャメイカンは。
Piece on tha Road
Piece on tha Street
アール・チナ・スミス!

Piece on tha Road
Piece on tha Street
Piece on tha Road
Piece on tha Street
Piece on tha Road
Piece on tha Street
Piece on tha Road
Piece on tha Street
Piece on tha Road
Piece on tha Street



もう1つ、話題的にも行っといたのはルイ・ヴィトンのギャラリー。
シャンゼリゼ通りの本店の最上階に併設されているもの。
Louis Vitton Gallery
Louis Vitton Gallery
展示品は、まぁあんましでしたけど、ここのエレベーターがちょっと面白い。
街を歩き、どうしても脳に、体に入ってくる様々な情報を一旦リセットさせるべく、一味違う趣向が凝らされてます。
お楽しみに。
View from Louis Vitton Gallery
View from Louis Vitton Gallery

パリ、メガストア級のミュージアムが多く、そう回りきれない。特に無数にあるという小さなギャラリーまではナカナカ難しい。
けどそこここからアートの匂いを感じる、ナイスパリアートでした。
Rouvr Art Museum
Piece on tha Street
| stroll1 | 33.France | 19:55 | comments(7) | trackbacks(0) |
Cultural Pit #059 -in Pari-
Cultural Pitt
Public Viewing in Pari
今更ながら。。。
2010年、日本のワールドカップが終わった瞬間は、こんなにも環境のいいパブリックビューイングでした。

日本のワールドカップはここで終わったけど、エッフェル塔は永遠っぽかったです。

やっぱぱパリ。分かってますね。
| stroll1 | Cultural Pit | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
PaPaPaPaPari
Pari Effer
Tems River and Effer
治験の自業自得な心の傷も癒えないまま、ヨーロッパ屈指の観光タウン、パリへと移動。
なんだかんだ色々やったドイツ旅行、最後の地はケルンでした。
いつ見てもこの大聖堂はでかい。
Koln Grand Church
Koln Grand Church
だけじゃなく、鉄道駅から教会までの距離も世界一短いと思う。それがいいんですけどね。

ヨーロッパの旅行はオートマチック。
最初に予定を入力すれば、後は滞りなく進んでいくような感じ。この日も苦労なくパリに着いてました。
パリの第一印象は「なんか小便臭い」でした。物理的に匂う。
まぁ時間も時間だったし、通った地区も通った地区だったのかもしれないけれど。
Pari Row
Pari Row
コレまでの人生で築いて来たパリ感は、すぐに拭い去られることとなった。

そんな感じで始まったパリ観光、目的は芸術。
Rouvr Art Museum
Rouvr Museum Entrance
それだけでも目いっぱいなんですけど、他にも数々の教会はあるし、凱旋門もエッフェル塔もあるしパリジェンヌもいるしで結果的には5日では到底おさまりきらないものとなった。
Gai Sen Mon
Gai!Sen!Moooon!

パリ、割と大きな首都なんですが、メトロとかバスとか乗れば移動も苦ではない。
けれどヨーロッパに入ってからありがちなパターン「街が綺麗すぎて歩いてしまう病」にかかってしまった。
Pari Row
Pari Row

ここパリはことさらそう。街がめちゃめちゃ綺麗なんです。
ごみとかは多いし、相変わらず小便臭い通りもあるし、落書きとかも多いんですが、昔っからの文化の積み重ねというかそういう価値観が積み重なってできた街はどこか面白く、深みを持ちつつ、整い過ぎてないのにとても均整のとれた印象を受ける。
Pari Row
Pari Row
美しさを念頭に、全てのものが作られてる感。

パリ人はいつまでも見栄っパリなんでしょうか。
Pari Row
Pari Row

それでもこのパリ。ロンドン以上に様々な人種が入り乱れる。
背景を詳しくは知らないけれど。
自由に色んなモノコトを受け入れてきたように感じる。
Pari Row
Pari Row

古くから積み重ねられ育てられたような街に、自由な思想。
そこに集まる色んな感情・背景。こんなに入り乱れた感じのする首都もそうそうないと思いました。
そんなこんなで、街歩きが進む進む。
Pari Row
Pari Row

そんな中でもお気に入りのスポットはやっぱりマレ地区、とそこに行くまで。
パリもいい感じに運河が走ってたりするんですが、そこを歩きつつマレ地区まで行くのが気持ちいい。
Pari Row
Pari Row
デザインに強い本屋もあり、ギャラリーも多数あり、日本で大好きだったアメアパもありで、日本での生活のように起きてからの散歩コースが出来上がってしまった。
そこには日本のみんなと共有したいものが多数あました。もどかしい。。。
Nice Bookstore
Pari Bookstore

こんな短期旅行者にも最高の居場所を創ってくれるフランスの首都。
はっきり言ってナメてました、パリ。
何でもできるというわけではないけれど、先入観以上の刺激も安息ももたらしてくれました。

パリちゃん、懐深いです。
Pari Effer
Pari Effer
| stroll1 | 33.France | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
Japanese Town?
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
ドイツの思い出の1つ、治験中にも観光するくらいの時間はあって。
近場の大きな街、デュッセルドルフにも足を伸ばした。
ドイツでも有数の日本人街がある、とのことで有名なのですが、まぁ「ん?」て感じでした。

なのでそれよりも気になった建築が多かったのでご紹介。


まずは、フランク・ゲイリーの踊る建築シリーズ。
ビルバオのグッゲンハイムでもこの方の建築は踊ってますけど、ここでも十分。
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
ホワイト、メタリック、ブラウンと3つ並ぶその存在感は圧巻。
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
個人的には白が好きです。


その他にもここ、港地区では色んな面白い建築が目につく。
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
なんか、ぶっ挿したようなコレは独特の重力感がありました。


前に見たコルビュジエハウスのようなコレ。
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
全部計算・検討してるんですかね?


ペタペタしたこれ。
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
質感イイです。


角度!
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
鋭角でドン。アグレッシブです。ガラス張りのモノが多いような気がしますが得意なんでしょうか、トンがってんのが多いです。


集合オフィスかな?
Dusserdolf Archtecture
Dusserdolf Archtecture
にしてこのクオリティは流石としか言いようがない。。。

日本人街・日本人街、ラーメン・ラーメンと期待して行ったデュッセルドルフでしたけど。それを吹っ飛ばした感のあるここのエリア。その後訪れた日本人街は、すごくすごく物足りないものとなってしまいました。
Dusserdolf Archtecture
| stroll1 | 32.Germany | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
Sell My Health
Neuss Row
Neuss Row
僕にとって1番の悩みの種は、ここまで来たからには行っときたい所と、今の所持金とのバランス。文字通りバランス、残高。
ヨーロッパちょっと周ったくらいで、すぐさまお寒いことになってしまった。
ということで安易ですが、治験に参加。

結果的に言うと、本命のグループには敢え無く落ち。。。不健康なんですかね、僕。
予備軍としてドゥッセルドルフの近郊の街ノイスに2週間も滞在しました。
Neuss Row
Neuss Row

で、まぁちょこっとだけ参加して、そこそこのお金をゲットできたんですが。

結論から言ってもう二度とやりたくない。
誰にも愛されてない体やしいいかな?という軽い気持ちで望んだんですが。

注射はポコポコ打つし、なんか同じグループの人が寝てるの見るとホンマの病人みたいやし、夜勤の看護婦は踊りながら注射打つし(俺のときは普通でしたけど、同時期の参加者は針、グッリグリやられてました)。

まぁ報酬額が高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれ。まぁ妥当なのではと思います。

もう2度とやりたくないけれど、いい思い出にはなった。
まず同時期の参加者に恵まれた。みんなめちゃめちゃいい人達ばっかでした。
で病院内、飯が旨い。納豆やら牛丼やら鮭やら食えました。
で病院内、ひったすら時間がある。デザインやらW杯やらいろいろできました。

加えて、ノイス生活が楽しかった。
Neuss
Neuss Row
綺麗で過ごしやすい街なんですが、スーパー行ったり、公園行ったり、ちょっと合宿みたいになったり。
ここでの時間そのものは、とても楽しく忘れがたいものにはなったと思う。
Life in Neuss
Neuss Row

まぁ、治験でしたけど。治験。治験。。。
経験にはなったけど、経験になっただけだった。なんやかんや言うても汗水垂らして働いた方がいいです。
もう二度とやらなくていいように、ご利用は計画的に。
Neuss Row
Neuss Row
| stroll1 | 32.Germany | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/34PAGES | >>